大吉のエンタメニュースまとめ

大吉のエンタメニュースは、主に2chの話題の
スレ・面白いスレ・芸能ニュース画像まとめなど
面白いと思ったスレを色々まとめて紹介してます。

    カテゴリ:



    (出典 takehisayuriko.tokyo)



    1 Egg ★ :2018/12/26(水) 15:09:38.09 ID:CAP_USER9.net

     12月25日深夜放送の『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ系)において太田光が、ウーマンラッシュアワーの村本大輔と久しぶりに話したと語った。

     太田がテレビ朝日の楽屋にいたところ、村本が挨拶に訪ねてきた。太田は村本に言いたいことがあるとして、「いろんな人に噛みつきすぎだ。そういう人が傷つくことをヤッたらダメ」と叱った。

     太田は「お前といい松之丞といい、絵本描いているあいつとか山里とかみんなお前の世代だろ。全滅じゃないか。お前のところ」と煽ると、村本に「一緒にしないでください」と反論されたようだ。

     「絵本描いているあいつ」とはキングコングの西野亮廣を指し、村本とは吉本興業の芸人養成所であるNSCの同期生だ。南海キャンディーズの山里亮太も同様である。さらに先頃、『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)をめぐって舌禍事件を引き起こしたとろサーモンの久保田かずのぶも村本と同期であり、何かとお騒がせの人物がそろっている世代といえる。太田とラジオでやりあっている毒舌講談師として知られる神田松之丞も三十代半ばなので、一世代下に位置づけられるだろう。

     村本は「爆笑問題のラジオに呼んでください」と太田に求めるも、「どうせ政治の話すんだろ。一切、政治の話抜きなら呼んでやる」と条件をつけ、「ちゃんとしないと人は傷つくんだよ」とたたみかけた。

     だが、ここで簡単に引き下がる村本ではない。「あなたには言われたくない。みんな言ってますよ。太田さんは自覚症状がないだけです」とツッコまれたと話し、相方の田中裕二も納得の様子だった。太田もそこでは食い下がらず「全部俺の負け」と言い、「お笑いっていうのは楽しくやらなきゃいけない。人の悪口言っちゃいけない」と確認するように語るも、田中から「お前が悪口言ってるんだよ、全員の」とツッコまれ、いつもの太田節であった。

     これを受け、ネット上では「村本と太田の2時間喋り見てみたいわ」「太田の自覚症状なしってまさに。村本はあえて、太田は天然」といった声が聞かれた。発言が何かと取りざたされ、バッシングを受けがちな太田だけに、後輩芸人たちの言動も気になるようだった。

    2018年12月26日 12時50分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15793978/


    【【芸能】<爆笑問題・太田>ウーマン村本に「いろんな人に噛みつきすぎだ。そういう人が傷つくことをヤッたらダメ」と叱る!】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)



    1 シャチ ★ :2018/12/27(木) 12:15:04.93 ID:CAP_USER9.net

     お笑いタレントのスマイリーキクチ(46)が27日、自身のツイッターを更新。26日放送されたTBS系「水曜日のダウンタウン」(水曜・後10時)で、同日深夜から27日未明にかけて、番組内の企画「モンスターハウス」を見た視聴者が東京・練馬区の遊園地「としまえん」に大勢集まり、警察官が出動する騒ぎが起きた問題について「群衆心理の怖さを浮き彫りに」と見解を示した。

     スマイリーは、おりに入れられた「安田大サーカス」のクロちゃん(42)に向かって人の波が押し寄せ、スマホを持って群がる様子を一般人が撮影した映像をツイッターに貼り付けた上で「柵を乗り越えたり破壊する者まで現れた。同じ感情を持つ者同士が群がることで凶暴性が高まり『何』をしてもいい」という感覚に陥る。集団発狂には歯止めがきかない」とツイート。

     その上で「暴れた人物は非を認めず『私は悪くない、煽ったテレビ局が悪い』と責任を擦りつけるだろう」とし、「群衆心理の怖さを浮き彫りにした映像だ」とつづっていた。

     スマイリーはネットの掲示板などで、88年に東京都足立区で発生した「女子高生コンクリート詰め殺人事件」の犯人とされる事実無根の誹謗(ひぼう)中傷を受け、約10年間に渡って脅迫され続けた過去がある。


    12/27(木) 10:53配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000038-sph-ent
    画像 スマイリーキクチ

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】クロちゃんに殺到する群衆映像…スマイリーキクチが警鐘「集団発狂には歯止めがきかない」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)



    1 Egg ★ :2018/12/27(木) 06:31:19.74 ID:CAP_USER9.net

    26日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、木村拓哉と工藤静香の家庭の内情を記事化している。
    それによれば、家では静香・長女・次女K?ki,の3人がフランス語または英語で会話しており、だという。

    また、木村拓哉とジャニーズ事務所は、SMAP解散後の俳優活動としてハリウッド進出に力を入れるべく長期プランを練っていたというが、
    工藤静香プロデュースによるK?ki,の日本での売り出しを優先し、断念したという。

    K?ki,が世界的なモデルを目指しているという話が事実ならば、木村とK?ki,が渡航し、工藤と長女が日本に残るような選択もアリだと思うが、
    とにかく<娘と静香の夢を優先させたため>ハリウッド計画はなくなったのだそうだ。なかなか不可解な話である。

    まるで工藤静香が“恐妻”であるかのような書きぶりだが、これまでほとんど明かされてこなかった
    「インターナショナルスクールに通う娘の保護者としての工藤静香」の評判を、小学校時代の関係者が語っており、恐妻どころか“猛母という表現がぴったり”だと語っている。

    おそらく学校行事などの場面においての出来事だと思うが、工藤静香は<他の保護者が、ちょっとでもカメラを向けようものなら『削除してください!』と突っかか>り、何
    度かトラブルになったのだという。工藤が<自分の子供と一緒に写っていい友人を選んでいた>ともあり、娘の友人関係にまで口出しするのはたしかにやり過ぎだ。

    しかし見方を変えれば、それだけ過敏になっていたということだろう。長女も次女も、木村拓哉の娘なのである。
    K?ki,は芸能界に登場したが、それまでは一般人。
    ましてや子供だ。長女の幼稚園のアルバム写真が流出したこともあり、工藤が神経質になるのも無理はない。その写真は未だにネット上に大量に残っている。

    また、K?ki,がデビューしてからというもの、週刊誌はここぞとばかりに蔵出しのプライベート盗撮写真を掲載した。
    小学生の頃のK?ki,の写る木村一家の写真が、モザイクを外されて再掲されもしている。今は顔と名前を売る時期だからこそ工藤も容認しており、
    また出版社とは持ちつ持たれつの関係ゆえ仕方のない部分があると割り切っているだろう。

    だが、一般人に撮られた写真がネットに流出することは当然、避けたかったのではないだろうか。
    その当時、「木村拓哉の幼い娘」の顔や名前が広く世間に知られることはリスキーだと考えていたはずだ。

    “猛母”かどうかはともかくとして、そんな工藤をK?ki,は敬愛している。木村が妻について語ることは決してないが、文句があるならここまで耐えていないだろう。
    むしろこのご時世、ヘタに亭主関白を決め込むよりは木村にとって好感度が高いかもしれない。

    wezzy / 2018年12月27日 6時15分
    https://news.infoseek.co.jp/article/wezzy_62396/

    写真

    (出典 image.infoseek.rakuten.co.jp)


    【【芸能】<工藤静香は“猛母”>家では3人がフランス語または英語で会話 木村拓哉は「家庭内独居」状態】の続きを読む



    (出典 news.mynavi.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/23(日) 06:25:03.01 ID:CAP_USER9.net

    21日の『あさイチ』(NHK)に女優の満島ひかりが出演し、事務所を独立してフリーになった経緯や、批判的な週刊誌報道の真相についてすべてを明かした。

    いわく、「絶縁」を報じられた安藤サクラとの関係は今も良好で「ソウルメイト、戦友」であり、「気に入らない仕事のオファーは無視」との報道にも「ちゃんと(連絡を)返してる」と説明。自らの言葉で語った。

    「満島つぶし」にいっせいに走る週刊誌

    満島は今年3月、約10年間所属した事務所「ユマニテ」を退所しフリーに。ユニマテは公式サイトで「プロダクションという枠に守られる形ではなく、
    すべて自分の責任のもと自由に独りでやってみたいという本人の意思を尊重することにいたしました」と説明しており、円満独立と見られていた。

    その後、満島はフリーで仕事を続けていたが、今年6月には宮藤官九郎脚本・演出の舞台『ロミオとジュリエット』の降板が報じられ、にわかに雲行きは怪しくなる。

    満島の内面やプライベートにも報道が及ぶようになり、11月に「女性セブン」(小学館)は、女優・安藤サクラとの不仲説を報じた。
    ふたりは映画『愛のむきだし』で共演以来、互いに“家族のような存在”と認めるほど親友だったが、安藤が朝ドラ『まんぷく』
    で主演に抜擢されたことに満島が〈複雑な思い〉を抱き、〈なんで彼女が先なの? 許せない〉とショックを受けたという。
    その後、互いに距離を置くようになり、連絡も取らず、絶縁状態にあると伝えられていた。

    さらに「女性セブン」は12月にも、独立後の満島が〈自分の琴線に触れるような仕事じゃないと受けない〉と仕事を選り好みするようになり、オファーの連絡すら返さないと報じている。
    これにテレビ局は困惑しているそうだ。満島が、マネージャーをつけずすべて自分1人で行うという
    〈樹木希林さん流のスタイル〉で女優業を再開したことに対して、さも“思いあがり”であると批判するような論調だ。

    このように、満島ひかりをめぐってはよからぬ噂が溢れ返っていた。

    ほんの1年前、満島の出演ドラマ『カルテット』(TBS系)が「年間ドラマ大賞」を受賞した頃などは、各メディアは異口同音に満島ひかりを褒めそやしていたというのに、いったいどうしたことだろう?

    思い起こせば、満島が独立する直前の2017年11月にも、東京国際映画祭のポスター撮影で満島が
    ワガママに振舞ったという“悪評”が伝えられその兆候はあったが、もはやマスコミがいっせいに「満島つぶし」に傾倒するような、異常な状態だ。
    タレントや女優の独立騒動には業界のキナ臭い話がつきものだが、満島は円満退社ではなかったのか? 
    いずれにせよ、満島が大局からのバッシングによって、にわかに苦境に立たされていることは火を見るより明らかだった。

    あさイチ』出演の満島が全てを華麗に否定
    さて、こうした状況をふまえて満島ひかりの『あさイチ』スタジオトークを見ると、じつに痛快だ。前番組の『まんぷく』では、安藤サクラ演じる福子が泣くシーンがあったが、
    満島は番組冒頭から「(安藤)サクラが泣いてると、なんか……」と、いきなり目に涙を浮かべた。
    満島が、まるで安藤を抱きしめるようなしぐさでおどけて見せると、MCの大吉が「安藤サクラさんとはお友だち?」と質問。
    満島は「特別な関係です」とキッパリと答え、「人生の節目節目で連絡しあったりとか、昔から戦友なんですけど、もともとはソウルメイトみたいな感じです」と説明した。

    さらにダメ押しとばかりに、安藤サクラの両親である奥田瑛二、安藤和津とともに高知のよさこい祭りに参加したときの写真を披露する。
    このとき安藤サクラはいなかったが、満島は安藤家と家族ぐるみで仲良しのようだ。

    そしてトークが進むと、大吉は満島の事務所独立について切り出した。
    これに満島は「思い切ってますよね」とあっけらかんと笑顔を見せ、現在はマネージャーをおかず、出演交渉や事務作業まですべてを
    「お手伝いしてもらうこともありますが、ほとんど一人でやっています」と明かした。『あさイチ』への出演も、満島本人が交渉や打ち合わせをしたという。

    これに対し、大吉が「番組の流れが事前に全部分かっちゃうから、ドッキリは仕掛けられなくなっちゃいましたね」とからかうと、満島は笑いながら「でも気がつくと、20何年会社にいて……。

    http://dailynewsonline.jp/article/1621032/?page=3
    2018.12.22 14:05 wezzy


    【【芸能】満島ひかりにバッシング報道が相次いだワケ 芸能界の「ルール違反」か】の続きを読む


    1位はあの作品!フォロワー数で予想する期待の「冬ドラマ」






    1位はあの作品!フォロワー数で予想する期待の「冬ドラマ」

    2018-12-23 07:43:35(79865 view)

    新ドラマへの期待度を示す指標の一つであるTwitterやInstagramのフォロワー数。2019年1月期冬ドラマでの、現時点ツイッター暫定一位は、異色の学園ドラマだった。


    (出典 matome.naver.jp)






    北川景子から高橋一生まで!連ドラ主演10年以上の「冬ドラマ」俳優



    【北川景子から高橋一生まで!連ドラ主演10年以上の「冬ドラマ」俳優】の続きを読む



    1 Egg ★ :2018/12/23(日) 08:51:46.87 ID:CAP_USER9.net

    フリーアナウンサーの田中みな実(32)が23日放送のフジテレビ「ボクらの時代」(日曜前7・00)に出演。仕事や友人よりも交際相手を最優先してしまう自身の考え方を嘆いた。

     田中はフリー転身後の活動について「フリーになってから思うようにいかないことがこんなにたくさんあるんだって気づいて、ちょっと感情を捨てたら、感情が欠如してしまって。ある日、朝起きたら涙が止まらなかったりする」と苦笑い。

    「局アナの頃は1つの局の中の話だったのが、フィールドが広くなってマルチタレントの方と一緒になって、皆さんが面白エピソードたくさんあるのに、私は大して話せないし。だんだんエピソードを持っていない私にイラっとするようになった」と語った。

     また、彼氏との付き合い方については「めちゃくちゃ(仕事に)影響します」と告白。「(彼氏がいると)早く帰りたいし。仕事もそうだし、プライベートで女友達と約束していても、映画館に入って、席について映画見ようって携帯切ろうとした時でも、彼が帰ってくるってなったら、『ごめん、帰る』って帰っちゃう」と明かし、「良くないって分かっている。そうならないようにしようとは思うのに、いざ付き合っちゃうと彼中心の生活になっちゃうし、相手からしても重い」とうなだれていた。

    12/23(日) 8:44配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181223-00000059-spnannex-ent

    写真

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【芸能】<田中みな実>彼氏最優先の生活告白!女友達と映画館にいても「ごめん、帰る」】の続きを読む

    このページのトップヘ