“ラブストーリーの神様”の異名を持つ北川悦吏子氏(56)がオリジナル脚本を手掛けるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)の第61話が11日に放送され、ヒロイン・鈴愛は“運命”の幼なじみ・律から別れを告げられた。北川氏が事前に「神回」「私の中のマックス」と予告した注目回。回想・写真・子役を除くと、鈴愛役の永野芽郁(18)と律役の佐藤健(29)の2人しか登場しない今作初の15分間。北川氏渾身の会話劇と永野&佐藤の熱演に、インターネット上も大反響。「月曜の朝から切ない」「涙腺崩壊」などの声が続出し、文字通りの「神回」となった。

20180611-00000079-spnannex-000-6-view
第61話の1場面。“運命”の幼なじみ・鈴愛(永野芽郁)と律(佐藤健)は別れることに(C)NHK



北川氏が9日夜、自身のツイッターを更新。「あ、あの、来週月曜(11日)の『半分、青い。』は神回の中の1回です。私の中では。神回って、自分で言っちゃダメか。私なりの、です。私の中のマックス。書いてて、2回、こういう回がありました。そのうちの1回です。ぜひ、お見逃しなく」と予告した。第10週(6月4~9日)の鈴愛、律、清(さや)(古畑星夏)の“三角関係”が“昼ドラ”のようなドロドロ展開&セリフだったこともあり、さらに期待が高まった。

  第61話、鈴愛(永野)は律(佐藤)から呼び出され「喫茶おもかげ」に出向く。律は昼間に起こった鈴愛と恋人・清の衝突について話を切り出し「この街を越そうと思う。鈴愛と距離を置くためだ」「清を傷つけたくないんだ」と別れを告げた。

  鈴愛と律は7月7日に同じ病院で生まれた“運命”の幼なじみ。左耳を失聴した鈴愛は律を頼り、律もまた「『マグマ大使』でマモルくんがマグマ大使を呼ぶように、鈴愛に呼ばれることで(初めて)ヒーローに」(今年2月に行われた北川氏の合同インタビューから)になり、鈴愛を守ってきた。しかし、律をめぐって鈴愛と清が取っ組み合いのケンカをし、幼なじみ4人“梟会”の思い出の写真が破れたことを機に「生まれてすぐ出会った僕らは10代最後の夏に離れることになった」(律のナレーション)。

  SNS上には「和みながらケンカするという朝ドラ史上最強屈指の回」「朝から号泣。鈴愛と律の思いが切なくて、でも、かけがえのないお互いのことを分かっていて。言葉が全部泣けた」「2人の台詞だけを聞くと、めちゃめちゃ重たくは聞こえない。でも、律がしゃべるたびに、鈴愛が面白い返しをするたびに、それまでの年月が感じられて、胸が痛くなりました」などの書き込みが殺到した。


同局「あさイチ」(月~金曜前8・15)の司会・博多華丸(48)も「仕事にならないでしょ。月曜から、とんでもないものを見せられましたね」と“朝ドラ受け”。この切なく、重い雰囲気を救ったのが博多大吉(47)。鈴愛に対し「そろそろ漫画描こうよ」とツッコミを入れ、笑いを誘った。今週第11週(11~16日)は「デビューしたい!」。漫画家を目指す奮闘が描かれる。




コメント


名無しさん
すずめよりさやのが大事なのか。。(´⚰︎`)
全然神回じゃない笑


名無しさん
先週あたりから
朝ドラ観ていません。
朝からしんどいです。
主人公のすずめちゃんの事も好きだし、自己中の発言も、このくらいの年齢なら勢いで言ってしまうかも…と思います。


名無しさん
大学になってからの清の腹黒さが、朝から重い。きっと夜のドラマなら見入っていたと思います。
ベタかもしれないですが、朝は笑って泣いて、共感できるドラマがいいなぁ。


名無しさん
神の安売りは止めて欲しい。
それより博多大吉(47)の鈴愛に対し「そろそろ漫画描こうよ」に
おおいに同意。


名無しさん
「バイバイ」と「さよなら」の差が悲しかった。


名無しさん
若い時ってこんなもんじゃないかな。
さや側からすると、あんな幼馴染が居たら気になってやきもちは当然。
頭もいいので、リツとスズメが本質的なところで繋がってるのが分かるから、よけい辛いのでは。
リツも恋愛が初めてで、リツなりに悩んでけじめををつけようと頑張って考えた結果。
もう少しリツが大人なら、さやを安心させつつ、スズメも友達として大事にできたのかもだけど。
さやでは無理かな。。


名無しさん
俺、一話も見たことないのに、今日はこれずっと見てた。
なんか苦しくなってきた。
でもそのあとのあさイチのハゲ特集で全部すっ飛んだww


名無しさん
「神回」では、無かったかと思う。律は清の本性に、気付いていると思う。それで交際を続けるのは、ワコさんへの反発心かもね?!鈴愛にとっては辛いけど、距離を置くのもいいかも知れない。鈴愛の七夕の短冊を持って、律は鈴愛のために何かしてくれるかと思う。鈴愛は頑張って、漫画家デビューして欲しい。明日も、楽しみにしています。


名無しさん
>清ちゃんのキャラがこんなだったとは…
たしかに。


名無しさん
律のナレーションは良かった。
清がケバすぎて、律が清を選ぶ理由が分からないまま
弓道してる清の感じで嫉妬深い性格だったら
ギャップがあって、心の闇なのかと
納得できたかも


名無しさん
神回……脚本家の自画自賛とは興ざめ。
何故そんなに自己評価が高いのか。
狙って狙って書いた、お得意の"渾身のセリフ"でしょうが、大した内容ではなかった。


名無しさん
清はドラマによく出てくる「美人で性格の良い最高の女子」ではないけど、「普通の女子」だと思う。大好きな彼氏に、彼女の存在をまるで気にせず誕生日にやってくるわ、スープ作ってもらうわ、その女の写真が部屋に飾ってあるわって、この状況めちゃイヤでしょ。
鈴愛も失恋したばかりで、人の心の痛みは分かるはずなのに、自分の思いだけを押し付け過ぎ。
まあ、3人とも人の気持ちまで推し量れない若さってことなんだと思うけどね。律が清と鈴愛のどちらかとしかいれないことを理解したのは、一つ大人になったってことだね。


名無しさん
神回?
平凡だったけどな。
むしろとんちんかん。


名無しさん
ものすごく期待して見た人は、少しがっかりしたかも。


名無しさん
律に清の本性、見せてあげたい


名無しさん
どこが神回?


名無しさん
親娘のやりとりや楡野家の家族愛を感じた先月のほうが
よっぽど神回でした
自分が若者の愛だの恋だのに興味がなくなったからそう思うのでしょうかね


名無しさん
ちょっと作家さんのこのセリフいいでしょ感が出てなんかあまり面白い回ではなかったかな。サヤの腹黒さは律に鈴愛の可愛らしさや素直さを再確認させるいい機会になればと願います。律、早くサヤと別れてね。


名無しさん
うーん
とりあえず、自分で神回とか言っちゃうのはどうなの?