永野芽郁さん主演のNHKの連続テレビ小説(朝ドラ)「半分、青い。」の第60回(9日放送)で、ヒロイン・鈴愛(永野さん)と、律(佐藤健さん)の恋人・清(古畑星夏さん)とのつかみ合いのけんかが描かれ、視聴者から「昼ドラみたい」「土曜の朝からドロドロ」「朝ドラより昼ドラ?」「朝から修羅場はしんどい」などの声が上がった。

20180609-00000002-mantan-000-1-view
NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」第60回の一場面 (C)NHK


 “あるじ不在”の律の部屋で、清は「私、律に私の知らない時間があることが、嫌なの。それが過去でも」「あのさ、マグマ大使だかなんだか知らないけど、人の恋人、3回笛吹いて呼ぶのやめてくれないかな」「あなたは、律の何なの? 何なの? 消えろよ!」と鈴愛への怒りが爆発。ここで鈴愛も、売り言葉に買い言葉で「律を返せ。律は私のものだ。生まれたときから律は私といたんだ!」と清にやり返す……という展開。
.
 
 ツイッターなどのSNS上では「朝からエグいもの見てもうた」「修羅場、怖い怖い」のほか、清に対して「怖い」「すげー腹立つ」「最低」などの声も聞かれ、「清は怖いんだけど、それ以上に鈴愛に引いた」「清も鈴愛も普通じゃない」「2人とも独占欲が強くて怖い」といった感想も多く見られた。
.
 
 いさかいのそもそもの原因となった「梟(ふくろう)会」の写真を、鈴愛が偶発的に破ってしまうシーンでは、清が嘲笑するように「オウンゴールだ」と言い放つ場面もあり、ドラマ放送直後から「オウンゴール」がYahoo!のリアルタイム検索で急上昇し、トレンド入り。
.
 
 当時(1990年)は「オウンゴール」という言葉がまだ一般的ではなかったことから、ネット上ではさまざまな意見が飛び交ったほか、同日の早朝にサッカー日本代表のスイス戦が行われたことから、「スイス戦で誰かオウンゴールしたのかと思った」と勘違いする人もいた。
.
 
 また第60回ではブッチャー(矢本悠馬さん)が久しぶりに登場。「部屋が笑える」「癒やされる」「今日の唯一の救い」と視聴者を喜ばせ、「オウンゴール」と共に「ブッチャー」もトレンド入り。変わらぬ人気を証明していた。
.
 



コメント


名無しさん
清より、ゆうこの方が美人だわね。


名無しさん
幼馴染に嫉妬する清わこさんと清はうまくいかない
鈴愛は律が側にいて当たり前感覚はよくわかる
清と鈴愛のバトルを律が見てたら良かったのに


名無しさん
初出ではもっと凛としたタイプかと思ってたのに地雷女すぎる
写真が敗れた時の高笑いは引いた


名無しさん
三男の幼なじみの時子にメラメラとライバル心を燃やす米子は可愛かったけどね。
今日のは笑えるシーンじゃなかったね。


名無しさん
鈴愛の小さな頃の律との思い出、ブッチャーや菜生ちゃんとの思い出を観て、鈴愛の成長を楽しんできたから、その大切な写真を嫌だと言う清に、ケバくなったあなたこそ嫌!と思ってしまった。
けど冷静に考えると、自分の彼氏に困った時はいつも助けてあげる妹的な鈴愛がいたら、やっぱり気が気じゃないのかも。
本当の妹ならそうはならないけど、鈴愛が純粋なだけに、モヤモヤするのも少し分かる。


名無しさん
まあ、ドラマですから現実味から離れた違和感あるあるも️
もう出ないかもですが、正人君、高校卒業して大学入学で東京に出てきたはず。律と同級生だから18才。
なのにマハジャロに通っていて彼女もたくさんいたという設定。おかしくないですか?
やっと受験終わったばかりなのにディスコの常連のはずがないでしょう️
ドラマだから深く考えないで見ればいいのかな


名無しさん
清は律が大事にしていた写真が破れたことに少しも心を痛めることもなかった。清と律はお互い恋愛に恋愛しているだけ。おまけに、二人のシーンは何か重たい。弓道姿の清はさわやか美人だったのがこうも変わるものか。でもよく考えてみると、愛嬌がなくちょっと生意気そうではあった。


名無しさん
オウンゴールは無かったね。あの頃は自殺点。清は彼女でしょ。誕生日は二人で過ごすでしょ。性悪だろうと、律が騙されようと、二人を邪魔しちゃダメでしょう。鈴愛は正人にフラれたときこそ、律の大事さに気づくべきだけど、ドラマだからねぇ。三人の入り乱れた人間模様が、三人を大人にしていき、鈴愛は漫画家として、大人の女性になり、律は鈴愛の存在に気づき、清は二人には敵わないと撤退するのでしょう。多分。


名無しさん
鈴愛の幼さというか鈍さというかもあるとは思うけど、生まれてからずっと一緒にいてた律が遠くにいってしまうような、寂しさとか戸惑う気持ちは少しわかる気がする。
一方、清の嫉妬深さや独占欲の強さはいまいち理解ができん。
嫉妬したりすることは無論あるけど、普通、我慢するんじゃないかと思う。
ってか、オウンゴールがどうの言うときの顔!
腹立つわ~!


名無しさん
清は凛とした美少女だと思ってただけに、性格悪くて少しガッカリ。
こうなったら刃物持ち出して警察沙汰、だけど律の温情で不起訴なんてぶっ飛んだ展開も見たい気がする。
でも朝ドラのお約束で、結局鈴愛と仲良くなるのかな。


名無しさん
清の悪どい感じ、本当に嫌。
律もちょっと分かってるのでは?と思う。
でも初恋の人だから、信じたくない…?
そして、ちょこっとした設定の緩さが気になる。
90年代にペットボトルで飲み物飲まないし、あの大きさの物は無いはず。
清のファッションにも疑問。
ニーハイ?ショーパン?
せっかくだから、徹底して欲しいな…。


名無しさん
主人公が片耳が聞こえない設定いらなくないですか?


名無しさん
こんなに朝からイヤな気分にさせるほど、演技はなかなかなんだろうなって思う。
でもやっぱり北川の脚本はキライなんよな。ウザイ。
でもやっぱりトヨエツがい味出してるから見るんよな。


名無しさん
オウンゴールは聞いた瞬間確かに「えっ?」と思ったな。
90年はまだJリーグ発足前。サッカー用語を使う人は男性でも滅多にいなかったと思う。
このドラマ、時々こういう「時代考証あってる?」っていうシーンに遭遇するけど、それは自分自身が1990年を知ってるからなのかな?
例えば「ひよっこ」なんかでも自分たちは普通に見てたけど、あの時代を知ってる人たちにはおかしなシーンとかあったのかな。


名無しさん
わざとそういうふうに描いて
いるんだろうけど、清って、底意地が
悪そうで、イヤな女の子だねぇ。
男性にも女性にも、いちばん嫌われる
タイプだと思います。


名無しさん
それより何より今やってるスタジオパークの清野菜名のアクションがスゴすぎて驚愕
その気になれば暴れる清なんか片手で1秒で倒せそうだ(^^;


名無しさん
独占欲強過ぎのオンナはなぁ。。。
うちの会社に実在のとあるオンナのエピソードを。
そいつの旦那と元カノとの思い出を、自分との思い出で上書きする為に、元カノと行った同じ場所にデートにいくんだとさ〜、ここ迄されるとうざい超えて怖いよねぇ。。。


名無しさん
マ〜君の期待の裏切りはまだしも、清の嫉妬心に関してはナンだかなぁ〜…
弓道しててココロ落ち着かせる人間が嫉妬に狂ってる…
若気の至りと言えばそれまで…
嫉妬に関しても描き方はあるかなと…
好意的に観てますが、登場人物をもう少し丁寧に扱って欲しい…
笑い満載のドラマで豹変する嫌われて者は要らない気がする。
今日の描き方が残念過ぎる…